2006年05月12日

宿場町板橋「春」!

茅場町で飲んでみたりする。

訳あって15〜6人の飲み会に参加した。
幹事さんが

「つかささん、日本酒呑んでくださいね。」

と仰ってくれたが、メニューを見ると食指が動かなかったのでみなさんに合わせ焼酎をいただく。
お一人が「魔王があるじゃん!」と注文(バカ高っ!)したので、こちらは負けじと(笑)半値の「」を注文。

◆本日の酒
:芋焼酎ロック
魔王:芋焼酎ロック
※注文した本人が「克と交換して」と勝手に取り替えた。(笑)
赤霧島:芋焼酎ロック


会も終わり巣鴨に帰宅。
またまたいつもの井こしに向かう。
今週は風邪で鼻がバカになってたので井こしに行くのを自粛していた。
せっかくの美味しいお酒がもったいないからね。

いらしゃってた常連Eさんから誕生日(5月5日だけどな)プレゼントをいただいた。
天の戸 美稲」とバラの花束
ありがとう!

春と美稲とバラ
※よくよく考えたらこの美稲って私がその酒屋に注文してたヤツじゃん。(笑)



ところでこのEさん、あちこちの居酒屋で問題を起こす事で有名だ。
※彼女の名誉のために詳しく書けないが…
かろうじて出禁にならないのは持ち前の魅力のおかげだろう。
本日もカウンターで久々の日本酒を楽しんでたら、なにやらハッカの香りが…
しかもだんだん強くなる。

うわぁぁぁ、せっかくの「而今」がハッカ酒に!

奥にいた井越さんも気付いたようで、慌てて飛んできた。

「こらっ!こういう場所でそんなタバコは御法度でしょ!

Eさんがメンソール系のタバコを吸ってたらしい。
たまたま店内には常連さんしかいなかったので、井越さんも笑いながら

「前にもガラム吸ってたお客さんに注意したけど、日本酒のお店では香りのキツいタバコや香水は気を付けなきゃダメだよ。」
(先生、加齢臭は大丈夫ですか?)


と優しく教えてくれたが、こうやってマナーを覚えていくのは良い経験だね。
※でもまた同じ過ちを繰り返す。それが彼女…(笑)



ところで…

「たった今巣鴨マップにコメントが届いたんだけど、メニューとホワイトボードで値段が違ってたらしいですよ。」

と井越さんに伝えた。

「ホント?あ、じゅんさいの値段、間違えてる!

ホワイトボードのじゅんさいが100円高い。
日によって肴の値段が違うのはたまに見かけるけど、さすがにこれは混乱するよなぁ。

「無意識にいつもの(安い)値段で伝票書いたから失礼は無かったと思うけど、気を付けないとね。」


そういやぁ以前「飛露喜」の特別純米吟醸が同じ値段だったので、井越さんに

「サービス期間?」

と訪ねたら、ホワイトボードを見るなり

「なんで吟醸こんなに安いのっ?」

私に聞かないでください。
※「吟醸をその値段で!」といただくのは当然の事。←鬼

◆本日の酒
宿場町板橋「春」:純米本生
※板橋の酒屋「藤澤屋」のオリジナルドランド。←「ブレンドって書かないように」意識したらこうなった。
而今「山田錦」:無濾過純米吟醸ハッカ仕込み
開春「石の顔(かんばせ)」:純米

◆仕込水
財宝


その後はヤボ用があり、いつものフィールド
鮒忠」のお嬢様akikoさんにも久々に遭遇したのでご挨拶。

「近々鮒忠さんに行こうかな。」

「じゃ、一緒に行きましょう!」

一緒に行ってどうする! ←自分ちじゃんっ

◆本日の酒
スピリタス:ロック
Oちゃんスペシャル
※バーテンダーOちゃんが「誕生日(5月5日だけどな)のお祝いです」と作ってくれた。


すっかり空も明るくなり、オナカが空いたのでそのまま「デニーズ」で軽く一杯。

◆本日の酒
フオルタン「白」ハーフボトル:白ワイン

◆肴
一口ロースステーキ
知床鶏の唐揚げ&フライドポテト


14時間呑み続けてる?? ←家に帰れよ
posted by つかさ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 井こしで呑む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック