2006年04月01日

十四代「出羽燦々」!

ものすごーく疲れたりする。

いつものように井こしに向かった。
店の近くまで行くと、聞き覚えのあるハイテンションな声が…

ん?ま、まさか…

入口をガラッと開けたとたん、

「あ゛〜、つかさちゃ〜ん!」

む、室伏奥さん!なんであなたここにいるの???

昨日訪れた駒込「ぎゃらりー工藝舎」のマダムである。
この奥様、呑まなければ素敵な淑女だが酒が入ると手のつけようがない。

知人達と花見をした帰りに、みんなで井こしに来てしまったらしい。

ふと井越さんを見ると泣いている。

「どうしたんですか?」
「こ、こいつら、昨日入った赤霧島全部飲みやがった!」

はははっ、焼酎は自分に実害無いから別にいいや…(鬼)

赤霧島の空き瓶
赤霧島の空き瓶
ってか、あんたの店焼酎バーなんだから自分の店で飲めよっ!

「ところでご主人は?」
「テーブルの下で寝てる〜!」

うわっ、いつものパターンだ。
座敷のテーブルの下にうずくまってご主人が酔いつぶれてる。

奥さんが私の隣に移動してきた。
いかん、周りのモノを片付けねば。

「ちょっとぉ、なんで周りのモノどけてんのよぉ!」
「だってあなたグラスとか器とか必ず倒すでしょ!
「そう?」

そう?じゃないよ。
言ってるそばから私の鶴齢倒してるし…(T_T)

玉さんが「燦々開ける?」と聞いてくれたが、とんでもない!
大事な燦々倒されてたまるか。(案の定この後徳利3回倒された。(T_T)
もはや隣に座った奥さんの毒舌(罵倒?)を浴びせられるハメに。(T_T)

「おい、つばさ、何呑んでんだよ!そんなの呑んでバッカじゃねぇの?」

もう、つかさでもつばさでもどっちでもいいです…(ToT)

「そ、そういえば、室伏さん(奥さん)って豪快話がありましたねぇ。ヨッパラって蔵王でラーメン食べてる最中、ラーメンに顔突っ込んで寝ちゃったっていう…

「おめぇバッカじゃねぇの?アタシが顔突っ込んで寝たのは焼きそばっ汁がねぇんだよっ!

どっちにしてもおバカはあなたです。

何度も書きます。この奥さん普段は素敵な淑女で魅力的な方なんです、シラフの時は(涙)。
※ブログに実名で載せる事に対しましてはご本人了承済みです。てかむしろ「ブログに登場させろ〜」と脅されました。(ヨッパラってて覚えてないだろうけど…)

◆本日の酒
鶴齢:特別純米無濾過生原
東一:吟醸
十四代「出羽燦々(でわさんさん)」:純米吟醸生
※ご夫妻が嵐の如く去った後、やっと出してもらった。
鶴齢:特別純米無濾過生原
※「疲れたでしょ」と井越さんがサービスしてくれた。

十四代「出羽燦々」

◆仕込水
財宝

◆肴
人参の天ぷら
明太子(常連さんの土産物)

ご夫婦達が帰られた後、井越さんがポツリ…
「今日天気予報で台風来るって言ってたっけ?」
posted by つかさ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 井こしで呑む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック