2006年02月22日

十四代「出羽の里」!

またまたいつもの井こしだったりする。

店に入ると、カウンターに座ってたお客さんと井越さんが会話してた。
どうやら日本酒について盛り上がっている様子。
井越さんがその彼を紹介してくれた。

「こちら、大塚こなからの店員さんだって!」

大塚のこなからと言えば、串駒、きたやま、江戸一と並ぶ名店中の名店だ。

井越さん、こなからさん、私が揃ったらそりゃもう日本酒話でさらに盛り上がる。
あの酒の秘話や今年の出来具合などなど…

「つかささん、こなからにも来てくださいよぉ。」

いや、行かないんじゃなくて、行っても満席でいつも入れないのです。先週も断られたばかりなのですよ。

「じゃ土曜日予約入れときますね。」

うーん、商売上手だこと。

で、本日の酒。
なんにしようか白版を睨むと、「出羽の里」の文字が。

「あ、上喜元の出羽の里、入ったんですね。じゃぁそれ!」

井越さん、ニヤニヤ笑いながらなにやら訳ありのご様子。
気にせず一口いただくと

「こ、これ、上喜元じゃない!十四代じゃん!!」

「よくわかったね。本家(串駒)に顔出したら女将さんがわけてくれてさ。」

えーっ!スゴイっ!
というわけで必ず飲むべし、十四代「出羽の里」!

十四代「出羽の里」
また書くけど背ラベルじゃないよ、これが表に貼ってある成分表ラベル。

◆本日の酒
十四代「出羽の里」:特別純米
太平海「濾過前取りふくろしぼり」:本醸造生
たてのい「第一號仕込 雫 おりがらみ」限定品:純米生
東一「にごり酒」:純米

◆仕込水
財宝

◆肴
あげとクキワカメ煮
posted by つかさ at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 井こしで呑む
この記事へのコメント
こなからさんってここで見たような気がしてたんだけどやっぱり!
昨日大塚のこなからさんに行って来ました。
食べ物なんでも美味しかった!!
お酒も見たことないようなのばっかりだったけど美味しかった。
あっという間に満席になっちゃったよ。
つー様、さすがに来なかったですね!待ってたのに〜(笑)
Posted by M先生 at 2006年06月09日 18:56
>>M先生@美しきフラメンカー

あーーー裏切り者っ!
昨日は井こしで待ってたのに〜(笑)

こなからに行かれてたんですか。
あのお店は予約しないとなかなか入れないので、なかなか行く機会に恵まれずです。
ホント良いお店ですよね。今度ぜひ一緒に行きませう。


昨日は井こしでまったりしてました。
でもこのブログには書かないのです。
なぜならおもしろいオチが浮かばなかったから。(笑)
Posted by つー様 at 2006年06月09日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック