2009年11月30日

松の寿を醸す!

栃木で呑んだくれてみたりする。


注:この記事は2009/11/23の出来事です


ご存知、私が日本酒顧問を担当している東麻布「逢坂」。
その「逢坂」スタッフの勉強会として蔵元を見学しようということになった。
ご協力くださるのはおなじみ栃木の酒販店「西屋酒店」さん。
みんなであんな蔵やこんな蔵を見学しましょかね ←酒造りの邪魔




◆前記事:
 「チキチキツアー宴会編!(2009/11/27)」
 「旭興を醸す!(2009/11/26)」
 「大那を醸す!(2009/11/25)」




昨日は「大那菊の里酒造、「旭興渡邊酒造を見学させていただき、夜は「たわら寿」で宴会。
宴会には「大那阿久津さん、「旭興渡邉さんがいらしてくださり、さらに「松の寿松井さん、「雄東正宗すぎちんも駆けつけてくださった。

ホテルに移動してからも明け方まで呑み続け、ひとり脱落、またひとり脱落。
気付いたら朝だったのでひとまず寝ることに。
数時間後、寝起きのビールが飲みたかったが、周りに全力で阻止される。


さーーて、2日目も楽しみますかね。


元気よく車に乗り込むと、今日の運転手はKさん
よろしくお願いします。


途中、立ち寄ったコンビニでチェックするのはドリンクコーナー。
するとあったあった。
関東・栃木レモン」と双璧をなす「針谷おいしいレモン」。
全然味が違うのね。


「関東・栃木レモン」と「針谷おいしいレモン」 「関東・栃木レモン」と「針谷おいしいレモン」



さて、再び車に乗り込み目指す先はアソコ。



 「松の寿」松井酒造店っ!



◆過去の関連記事:
 「松の寿を醸す!(2007/04/09)」



昨日とは打って変わってポカポカな陽気。
庭内をクルクル探索してみたりする。

松井家の猛犬達と目があったのでごあいさつ。


ねーねーあんただれ? ねーねーあんただれ?



仕込み水の水道にペットボトルを乗せて撮るのはお約束・・・
と思ったら手元に無かったので、松井さんへのお土産ビールを乗っけて撮ってみる。



芸術的な一枚 芸術的な一枚




暖簾には創業者松井九郎治さんの文字!



松の寿 松の寿




販売所に入ると、おなじみ奥様若葉さんが出迎えてくださった。

今日はお邪魔します。


若葉さんがコーヒーを出してくださった、、、
って、、、



コーヒーどうぞ コーヒーどうぞ



 若葉さん、コレなにかの合図?(笑



歓迎されてるかよほど迷惑かのどっちかですね(笑 ←京都のぶぶ漬けでも〜と同じ



しばらくまったりしてると、松井さんがお忙しい中を抜けてこられた。


昨日はありがとうございました。
今日はよろしくお願いします。


早速、作業中の蔵へと案内くださる。


蒸米 蒸米


 やっぱり地球は丸かった



通常は早朝に行うこの作業を、「松の寿」では人手の都合もあってお昼に行う。
おかげでこんな貴重な場面を拝見することができた。


ところで、、松井さんは???


 うわ、松井さんが働いてるっ!(笑



【酒くれ!動画】(02:15) ※重いです
 松井さんの解説



動画の解説にもあった脱水機。
かなり便利なのだそうです。


脱水機 脱水機




お次は麹室。

松「つかささん、納豆食べてないですよね?


 ギクっ!


麹室 麹室


つ「自分は食べてませんが、ポケットに納豆パック隠し持ってる人が約1名・・・」


悪事を企む大坂さん 悪事を企む大坂さん



松井さんの解説にもあったとおり、本日はお米を蒸しながらヤブタの準備も同時進行。


ヤブタ式圧搾機の準備 ヤブタ式圧搾機の準備



パワーアップをわくわく待ってるヤブタ式圧搾機。


板が外されたヤブタ式圧搾機 板が外されたヤブタ式圧搾機



こちらが今年から導入の新兵器。
先日、神奈川の某蔵より譲り受けたB型の圧搾板。
今まで使用していたA型に比べ布の着脱が楽になり、より圧力をかけられるらしい。


B型圧搾板 B型圧搾板



松井さん、嬉しそうに


松「ギューギューしちゃうよギューギュー」 ←あ、いつもの松井さんに戻った(笑



ん?ビール樽?

つ「松井さん、いくらビール好きだからって蔵内で飲んじゃ、、、」
松「それ、暖気樽にちょーどいいかな、と」


アサヒ製の暖気樽 アサヒ製の暖気樽




仕込みタンクには、冷却用のホースがぐるぐる巻き。
150mもの長いホースを巻きつける作業は、、、ドSな若葉さんの得意技(笑



グルグル巻くわよ仕込みタンク グルグル巻くわよ仕込みタンク




タンクの中ではアレがプチプチ醗酵中。


醗酵中のアレ 醗酵中のアレ




Kさんがなにやらじーっと見つめてる。
ん?温度制御装置?


ヨシキタ電気 ヨシキタ電気


 ヨシキタ電気っ! ヨッシャーっ!電気キターっ!




なーんて遊んでるうちに(迷惑だから遊ぶの禁止!)、お米が蒸されたご様子。


蒸米 蒸米



手に取らせていただくと


 あちゃつぁちゃつぁっ


ホクホク蒸米 ホクホク蒸米



放冷機を通る蒸米を松井さんがほぐします。


松井さんほぐほぐちゅー 松井さんほぐほぐちゅー



放冷機から出てきた蒸米を受け取ってます。


蒸米キャッチ 蒸米キャッチ



キミたち見てないで手伝いなさいよ ←オマエがいうな


大坂さんとH子さんと松井さん 大坂さんとH子さんと松井さん





こうして、本日の蒸米作業はひと段落。


蒸米作業が落ち着いた 蒸米作業が落ち着いた




松井さんは次の作業にとりかかるためまだまだ大忙し。

蔵内で邪魔してるのは迷惑なのでそろそろ外に出ましょう。


 蔵のみなさん、ありがとうございました!



松の寿





庭で若葉さんとちょいと立ち話。

若「今は埋めちゃったけど、昔ココに防空壕があったらしいですよ」
つ「掘ったら何か出てくるかもしれませんね」
大「すげーっ!松の寿S20BY防空壕貯蔵!」


 若葉さん、スコップスコップ!(笑


防空壕を埋めた跡 防空壕を埋めた跡




怪しい動きをしてると、またまた猛犬達と目が合う。



ねーねーだからあんただれなん? ねーねーだからあんただれなん?




若葉さん、今日はありがとうございました!
また東京でお会いしましょうね。


若葉さん 若葉さん

※うわ、明るすぎた・・・


そして松井さんもお見送りに出てきてくださる。


松井さん 松井さん



松井さん、お忙しい中ありがとうございました!
呑んでない松井さんを、働いてる松井さんを拝見しホントに貴重な体験ができました。
働いてるお姿を全国にさらします(笑
美味しいお酒を楽しみに待ってます。



松の寿



松の寿」を出発すると、時間はちょうどお昼時。
松井さん若葉さんに教えていただいた鬼怒川沿いの「船場亭」で昼食。



船場亭 船場亭



まるで時間が止まったような雰囲気の中、みんなで鮎定食にかぶりつく。


鮎の残骸 鮎の残骸


 しまった、食べる前に撮るの忘れた ←時間と一緒に自分の頭も止まってた




逢坂」一行は次へと向かうのであった。

トゥ・ビー・コンティニュード・・・

posted by つかさ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 蔵元で呑む
この記事へのコメント
先日は蔵まで来て下さってありがとうございます〜!
夫婦共々士気があがりました♪
ところで・・・
あのペン立て(ペン刺し?)可愛くないですかぁ〜?
仮にSMちっくに見えたとしたら、つかささんが真性Sだからです(爆
Posted by 若葉 at 2009年12月01日 01:41
アサヒの暖気樽とは驚きです
エコですね
Posted by ☆じゅんじ at 2009年12月02日 04:31
>>若葉さん

先日は本当にお世話になりました。
東京でお会いするお二人とは違ったマジメな面(?)を拝見できて楽しかったです。

あのペン立て、ナイスなセンスです。
あんなのどこで売ってたんですか?(笑


私が真性S?
真性ドSの若葉さんに言われたくありませんな(笑
Posted by つかさ at 2009年12月02日 14:26
>>☆じゅんじさん

マツコト蔵にはあのようなエコアイデアが満載です。
そういう工夫が美味しいお酒造りにつながるんでしょうね。


※いや、ただ単にビールが好きなだけかも(笑
Posted by つかさ at 2009年12月02日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック