2009年02月22日

獺祭り!

獺祭の新酒発表会に行ってみたりする。

ますます有名になりワールドワイドな日本酒「獺祭」。
毎年恒例の「獺祭新酒の会」が今年も行われる。
獺祭」を愛し続ける私がもちろん行かないわけがない。


前日、上京してきた従姉(私とうりふたつな性格)と「東麻布 逢坂」で呑んだ際に大坂店長も誘ってみると、迷うわけもなくオッケーのお返事。

そして当日、永田町「都市センターホテル」へと向かう。


◆過去記事:
 「獺祭り!(2008/02/24)」
 「獺祭り!(2007/02/21)」
 「獺祭り!(2006/03/09)」




今年もギリギリ開会の乾杯に間に合って、入口付近に蔵元の木下さんがいらしたのでご挨拶。
お持ち帰りオーケーの獺祭盃に木下さんから純吟50を注いでもらって乾杯。


 さーて、じゃぶじゃぶ呑んじゃいますよー


「獺祭新酒の会」



純吟50にごり発泡をうんめーなーと呑みながら、ふと後ろを振り返ると「オレンジページ」シリーズ元編集長山本洋子さんっ!


わーい、どーもーっ!とごあいさつ。



ブース内にフードライターOさん発見!
逢坂」にちょくちょくいらっしゃってるとのウワサを聞いたのでごあいさつ。


「二割三分ちょーだいな」 ←それはあいさつって言わないよ



じゃぶじゃぶ呑んでると


「ういーす」


逢坂」店長がご到着。
店長、眠そうな目をこすりながら寝起きの「獺祭」が五臓六腑に染み渡るっ!


 寝起き1杯目は仕込水がよろしいかと(笑 ←人のこと言えないけど



あとはもうお互いあっちこっちでお知り合いに遭遇してバラバラ。
お互い別行動で会場内をクルクル周ってると、いらっしゃいました、桜井社長さんっ!
ごあいさつすると、

桜「逢坂は良いお店だと聞いてますよ〜」

私と私の横の大坂店長に嬉しいお言葉を、、、って


 あれ?大坂店長いつから隣に?



もちろん仕込水も「獺祭」。
体の中にスーっと入っていくこの仕込水を目の前の女性がクイっと一口。

「うわぁ、水の如しってかんじ〜」


 水ですからっ!(笑


※瓶に入ってるせいか、仕込水をお酒と勘違いする人って結構いる ←たまに自分も


「獺祭新酒の会」 ラム肉料理も獺祭にバッチリ!



あっという間の閉会時間になっても未練がましく「獺祭」ぐいぐい。
これ以上は会場に迷惑が、という頃合にやっと退場 ←すでに迷惑だよ

帰り際は桜井社長さんが優しい笑顔で超プライベートな私信とともに見送ってくださる。

◆桜井さん関連記事:
 「「獺祭」桜井さん!(2008/02/16)」



桜井社長さん、木下さん、旭酒造のみなさん、お手伝いのみなさん、ありがとうございました!

また来年も参加します。
posted by つかさ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒祭り
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック