2006年11月18日

獺祭「50にごり発泡」!

池袋をうろついてみたりする。

巣鴨KUSHIKOMA 井こしの常連M先生から

「池袋の東武百貨店獺祭の店頭試飲やってるよ。」

と情報をいただいたので挨拶に行ってみた。
日本酒売り場を覗くとやってるやってる。
売り場の方が私に気付き

「あ、毎度どうも!」

と挨拶された。
獺祭のマーケティングマネージャー木下さんとはあちこちでお会いしており、数週間前にもお会いしたばかりだ。
会話を交わしていると、わらわらと人が集まりだした。
ご年輩の方々がまるで合い言葉の如く


「辛口はどれ?」


と尋ねてる。
店頭試飲会で必ず見かける光景だ。
※利酒会や日本酒の会で「辛口はどれ?」って言う人見かけないねそういや←あたりまえか(笑
木下さん

「うちのお酒はお米の甘みを生かしてるので辛くはないです。」

とお答えされてた。
これにはみなさんも納得。
ちなみに井越さんはこの質問を受けると

「普段はどのようなのを呑まれてますか?」

とポイントをズラすので、「上手いっ!」といつも感動する。
駒込「ます田」ご主人は

「うちは辛口のお酒は無くて、全部旨口のお酒だよ。」

とお答えになるそうだ。勉強になります。
今度、大塚「串駒房」でとしさんに


「辛口のお酒くださいな!」


って言ってみようかな。←お酒にカラシ入れられるがオチ
この「辛口」という表現がどう使われてきたのかはなんとなく把握してるけど、これ以上は触れないようにして(笑)。←意気地なしだから


で、獺祭の店頭試飲の話に戻りますが…
普段は山口のお蔵から直接送ってもらってるけど、せっかくなので「獺祭50にごり発泡」を購入。
さて家に帰ろうと池袋をうろついてると、知人とバッタリ。←池袋はホントよく遇う

「ボジョレー・ヌーヴォー?」

なんで?

ボジョレー・ヌーヴォー?


ぐわっ、この時期にコレ持ってたらそう見えるわな。

「日本酒です!」


歩いてるとまたまた知人とバッタリ。←池袋はホントよく遇う

「ボジョレー・ヌーヴォー?」

「日本酒です!」


歩いてるとまたまた知人とバッタリ。←池袋はホントよく遇う

「日本酒?」

「ツッコメないっじゃんっ!」 ←Tさん、キレてごめんね


◆本日の酒
獺祭「50にごり発泡」:純米吟醸生
posted by つかさ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家で呑む
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック